40.8度

11月30日に40.8度の熱がでた。


29日の夕方からお腹の張りがあり、その時はお腹が冷えたかな?

程度であった。初冬あまり寒さに慣れてないとき、毎年お腹のお腹がはり、ガスがでる。

ある程度ガスがでるとすっきりするんだが、夜になってもなんだかすっきりしない。

とりあえずその日は早めに休んで、翌朝午前中休みをもらい病院に。

胃腸炎との診断で整腸剤や抗生剤等の薬を処方される。


お腹が張っているので食欲もあまりないが、とりあえず少し食べ薬を飲む。

本当は1日休みたかったが、午後から俺が中心になっての大事な会議があり休めなかった。

午後から仕事をはじめて少したったころ、何か変だ。お腹の張りだけじゃなく、ふらふらする。もしや、これは発熱・・・。しかしもう少ししたら会議。熱を測って熱があるとわかれば、それだけでテンション下がりしんどくなる。なので測らずそのまま会議。40分ほどで会議終了。16時職場の体温計で熱を測る。37,3度の微熱。やっぱりかあ。

でもあと1時間半で仕事も終わるため。会議録を書き、定時に終了。急いで1人暮らしの父の食事の買い物。自分のもついでに買って、父の家に向かう。

それから自分のアパートへ帰り、まず熱を測る。37.5。まあ大したことはない熱。

食欲あまりないがとりあえず少し食べて、薬をのんで、すぐにやすんだ。

しかしなかなか眠れない。なぜなら、足だけが冷たくて寝られない。足だけ毛布を追加する。それでも温まらない。そうしてるうちに、悪寒が走る。やばいこれ熱上がるな。

38度は超えるなと思いつつガタガタ震える。しかしそれが尋常じゃない寒さ。いつもと違う。震えがすごすぎて身体に力がはいり、腹筋や筋肉がいたい。これもしかして・・やばい。熱をはかるとすでに39度。まだ震える。マジやばい。しばらくしてまた測る。40,1度。まだ震える。10分経過してまた測る、40,8度。その時俺、死ぬなっと思った。とりあえず相方にメール。俺の病気は相方しか知らない。でも手が震えてうまくうてない。しかしようやく打てても相方は長距離トラックの運転手。いまこっちにはいない。後から考えると心配かけるだけでメールしたらダメだよね。

その後兄に電話、やばい40,8度熱がある。呼吸も少し苦しい。きっと血中酸素飽和度も低下してると考えられる。どうしよ。兄は「夜間救急行くか?!今からそっちいくで」しかし兄には病気の事は言っていない、ましてや住んでる街の救急になんて絶対にいけない。HIVの拠点病院でもないし、入院でもしたら知り合いだらけ。

なんで、とりあえず救急車電話する。って言って切った。救急に電話。高熱だけでも救急搬送できますか?ときくといきますよと言ってくれる。実はHIVキャリアで、服薬はしてない状態ですが、受診している病院へ救急搬送できますか?とっ聞くと、それはわからないとの事。いくらそこの患者でもそこの病院の状況によっては、受け入れはしてくれないとの事。そのころになると寒気も収まり、熱を測ると、39,8度になっていた。高熱なのに気分が少しよくなった事もあり、救急の電話の人に、もう少し様子をみると伝える。

そしたら、電話番号をきかれて、ダメだと思ったら電話できるうちに早めにいつでも連絡してくださいと言われ、電話を切った。その後相方からのメールの返信。相方には救急車で拠点病院に行けと言われたが、解熱剤を飲んで様子を見ると伝え、すぐに5月にHIV感染の初期症状が出たときにもらって残ってたカロナール(解熱剤)を飲む。1時間が過ぎたころ、少しずつ聞き始め、落ち着いてきた。朝起きて熱をはかると37度。一応会社は休む事にした。解熱剤飲んだのは一回だけで昼には平熱に。お腹の薬と抗生剤は飲んだ。お腹の張りは少し楽になったが、押さえると痛みがあった。しかしどんどん良くなって3日後にはお腹の張り、痛みもなくなった。

一体なんだったんだろう。やはりHIVウィルスが暴れたのか?その時足に赤い小さい発疹が出てたので何らかの関係があるのかな?と思う。


まあとりあえず入院しなくてよかった。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。