即入院

「今日入院になると思うよ。盲腸で結構大きいから、ちょっと前からなってたはずですよ。」主治医は血液内科だから、詳しくは消化器外科で診てもらってから、手術や入院の相談となった。
俺は驚きで、まさか入院、その上手術までするかもしれないなんて、マジどうしよーって感じで消化器外科の先生の診察をまった。でも今回の受診で一昨年の40度の熱の原因がわかったのはよかった。一時間まってようやく診察。
画像を見た先生は、「この大きさなら、今日緊急手術した方がいいですね。」っとさらっと言われた。 俺は私は独身で、父も高齢だし、兄弟も仕事で入院準備するにも今すぐ来てくれる人もいないし、今は昨日ほど痛くないので、明日じゃダメですか?っと聞いてみた。
先生はやさしい口調で、ん~できたら早いほうがいいですよ。夜の間に悪化して癒着でもしたらそれこそ大変なことになるかもしれません。と言われた。
そういわれたら、もう即入院、緊急手術するしかない。でもその前に先生にHIVということも伝えた。そこの情報は先生診ていなかったららしく、パソコンカルテで確認していた。
先生は、「そうなんですね。輸血とかしてないの?」っと聞かれた。俺は、もう今更何聞いてるの?カルテみりゃわかるだろ、っと思いながら、いや輸血なんてしたことないですよ。服薬も始まっているし、薬の副作用とか大丈夫ですかね?っと話を変えて質問。
そのあたりは、O先生に確認してみますから心配ないです、と答えてくれた。
あと一番大事な事は、俺がHIVキャリアってことは、兄弟には言ってないので、説明の際は言わないでほしいことを伝えた。先生、外来の看護師さんも了解してくれ、入院、手術の準備に入った。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。