激痛

いよいよ19時から手術。しかし心配だったのがクスリ。俺は朝8時、20時、寝る前の三回飲まなくてはいけない。ちょうど薬が飲めないのだ。薬の件を、消化器外科の先生が、俺の主治医に聞いたところ、薬は少し早くても大丈夫で、寝る前のも先に一緒に飲んでもいいとのことだったそうだ。その上、まあ2,3日クスリ飲まなくても〇〇先生大丈夫だと言ってたんで、心配ないとのこと。
心の中で俺は、えっ、そうなの?その程度では耐性ウイルスにならないの?今まで、飲み忘れで2,3時間ずれたことあって、その時なんて、相方に大騒ぎして、俺もう死ぬかもしれない、とか、言ってたのに。
まあけど少し気が楽になった。少しくらい飲む時間がずれても、心配ないことがわかった。けど飲み忘れが続けば、よくないと思うので、飲み忘れだけは注意しなきゃと思った。
19時予定の手術がが、前の手術が早く終わったとのことで、18時過ぎに手術室に呼ばれた。
そこで手術室の看護師と病棟看護師が手術室に入る前に、3人で大合唱。三人で俺の患者番号と、名前、手術名を確認のために言うのだ。手術初めての俺はかなり驚いた。当然俺本人にも名前とどんな手術をするのか先に確認はあった。
手術室にはいり、手術台に横になる。ドクターXのドラマを思い出した。手術室って本当にこうなんだと。麻酔科医のあいさつの後、手術着の下に、下着(パンツ)をはいているので、看護師に脱がされた。めくって脱がせるのではなくて、手術着に手を入れてみんなに見えないように脱がせてくれた。そのあと麻酔科医が今から麻酔をしていく説明をされた。説明の後、点滴の管から点滴以外の液体を注入。数秒後にふわっとした感じになり、
そのあとはもう覚えていない。
気が付いた時には、もう病室であった。まだぼーっとしている感じで、兄夫婦が看護師と何やら話をしていた。そのあと先生がきて手術の説明をしていた。盲腸が少し大きかったようで、二時間ちょっとかかったが、みたいなことをいっていた。
お腹がやはりちょっと痛い。
けどまだそんなめちゃくちゃ痛いわけではなかった。兄たち夫婦は同意書を書いて、まあ用事もないので帰っていった。でもその頃から何かお腹が少しずつ痛くなってきた。俺の中では腹腔鏡は痛くないはず。でも麻酔が少しずつ切れ、意識もしっかりしてくるごとにどんどん痛くなってる。看護師から痛み止めの点滴も入ってますよと説明してくれたが、本当に入ってるのかと疑うくらい。何せお腹に力が入らない。寝返りできない。微熱もあり体がだるい。俺の中では、何これ、腹腔鏡ってこんな痛いの。酸素も邪魔。もう嫌だ~
さらに朝方、俺にとってもっと最悪なというか、屈辱的な出来事があったのですが、それはまた後日に。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。