理想と現実①

ゲイでHIVの方と2名ほどあったことがある。ゲイでHIVの出会いサイトであったんだが、わたしは、ゲイのHIVで誰にも言えない環境の方とつながり、相談したり、アドバイスしたり、一緒に考えたり、時には食事を楽しみ、お酒も飲んだりし食事会的なことを楽しんだり、また困ったときは、自分のできる範囲で助けあえる、そういう付き合いができ、将来に向け(じいさんになっても)孤独、孤立化しないよう生活できることが理想で
そういう付き合いができる人を探している。
初めてあった人は、同じ県内に住む、20代後半の人。同棲していた彼氏と別れた後、すぐHIV感染がわかったが、二人で住んでいたのいで、少し高いアパート家賃を一人で払うようになり生活苦。家庭環境が複雑で、定時制高校中退。町工場の小さい鉄工所勤め。給料は15万円もないとの事。世の中に対して不満で、生きてても楽しくないので、HIV治療も受けたくない。死んでもいいとの事。でもさみしいので、年上の人と知り合いたいとの事であった。
俺は相方がいるので、付き合ったりすることはできないけど、友達ならなれるよと言って連絡を取り合うこととなった。
家庭環境が複雑で、定時制高校に行くことになったが、結局中退。安い給料でしんどい仕事。一生ともに生活する予定の彼との別れ。HIV感染し、いいことがまったくないとの事。
そりゃ普通の家庭ではなく大変ん思いもしてきたんだろうとは思うし、彼はそれを自分のせいではなく、他人のせいや、自分が育った環境、親のせいにしてるだけだなと感じていた。そのことは彼には言わずに、彼氏ができ同棲し悪いことだけじゃなく生きていればいいことだってある等とりあえず、病院にいってほしかったので、いろいろ説得した。彼は一応以前に拠点病院に行ったそうだが、そこの医師やソーシャルワーカーが信頼できないないとか、対応がわるかったので治療は受けないとも言っていた。
だから俺が通院している拠点病院の話をした。ほかの患者と同じに診察され、名前も平気で呼ばれる。カウンセリングを受けたいといったら、別料金がかかる。ソーシャルワーカーに質問したら、わからないので他のソーシャルワーカーに聞いてきます聞きに行く始末など、俺も同じように、ここの病院で大丈夫なんかなっと思って診察を受けてることを話した。
わたしが彼にすすめたのが、中核病院。わたしも中核病院で診察を受けたかったが、何せ職場に近く、仕事がら知っている人がいるので、当然そこで治療は受けられない。けどほかの拠点病院とは違い、HIVの方と一般と分けて診察してくれていることや、カウンセリングもうけられる。専門職でチームでサポートしてくれるので、他の拠点病院よりはいいと思うと話した。
話した後しばらくして彼が、とりあえず中核病院院で診察をうけてみると言ってくれた。
診察をうけて彼も、完全に信頼してはいないが、先生も話をしっかり聞いてくれ、ソーシャルワーカーの対応もよかったので、一応これからも診察を受けてくてるとの事。
俺もちょっとほっとした。
その後一度会って話をしようということになり、昼食食べて、カラオケに行くことになった。会う前から彼はテンションがあがり、相方さんいてもカラオケボックスで触るかもとか、家に行ってもいいとかそんなことばかり言ってたので、相方いるしそんなことしないし、友達関係以上にはならない事を伝えていた。彼もそれでいいですとの事で、当日あった。
食事、カラオケ、ドライブ、話も普通に楽しめ、触られることもなかった。が、彼から、自分が想ってた感じじゃなかったけど、楽しかったですよ、また会いましょうというメール。?どういうこと?写メはあらかじめ送っていたので、見た目ではないとは思うが、何が想ってたのと違うの?
それから彼からメールが来ることはなかった。
やっぱり、彼氏やH目的であったんだ。ゲイになるとやっぱりこれが現実なのか?年齢が若いこともあったのかな?っと思い、次はちょっと年上の方と会ってみることにした。
その話はまた今度で。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。