お腹の張り

1月31日夜お腹に軽い張りが出てきた。まあ以前から時々あったので、ガスが出ればすっきりするだろうと寝た。翌朝もお腹の張りで目が覚める。その時ふと40・8度熱が出た時を思い出した。あの時と同じ症状。これはもしかしてまた40度の熱がでるのかと不安がよぎる。でも張りはあるが、高熱が出た時のお腹の張りに比べると大したことなかったのでそのまま出勤。しかし午後になり、お腹の張りがひどくなってきた。微熱があるかなって感じだったので、熱を測ろうと思ったけど、夕方から大切な会議.。熱があっても欠席はできないので、測らず会議出席。お腹の張りに苦しみながらなんとか会議を終えた。帰る前同僚にお腹の張りを伝え、明日も張りがあれば病院に行くかもしれないから、一応午前中の仕事のお願いをして帰宅。帰宅後熱を測ると37、3度の微熱。食事を軽く食べ、相方に報告してから早めに就寝しようと横になる。その時、ものすごい差し込むよな痛みがお腹に走る。一人暮らしであるが思わず「いてててー」と声がでた。
これは絶対に病院に行かなくてはと。明日ちょうど俺の主治医が外来の担当日。ラッキーであった。けどいろんな不安がよぎる。もしかしてHIV発症か?薬の副作用か等々。痛みもあるのでなかなか寝付けなかったが、しばらく横になっていると、痛みが和らぎ知らない間に寝ていた。
翌朝起きると、昨夜より張りや痛みが治まっていた。熱もない。ん~受診どうしようかと迷う。しかしまた少しずつ張りが出てきたので、受診を決意。相方に報告と、職場に電話し午前中有給願い。
2時間待ってやっと診察。まずは血液検査。血液検査結果ではCD4も普通の人と変わらず、ウイルスも未検出。HIV関連ではない。しかし炎症反応が高い。胃腸炎の可能性があるのでそのお薬だして様子みるか、もし時間があるなら肝臓のMRIまだ撮ってないのでこの機会に撮りますか?と言われ、以前にも同じ症状があって40度の熱が出たこともあるし、不安だったのでMRI検査をすることとなった。
しかし、検査&結果にかなり時間がかかり、12時半頃やっと名前が呼ばれ、うわー午後からの出勤間にあわないなぁー、この後またちょっと遅れますの電話会社にしなきゃーと俺はのんびり構えていた。どうせ特に問題なく、胃腸炎ですね~って言われるんだろうな~
と思いながら結果を聞いた。先生から、結果出ました。今日入院になると思います。「えっ?」俺は何かの聞き間違いかと思った。
続きはまた後日に。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。