2015年俺の人生を変えた年。

2015年7月に感染確定したのだが、俺にとって2015年は今までの人生で、もっとも大変だった年になった。

まずは1月半ば、車で出かけていたとき、後ろから追突された。当然車は修理、俺も2週間ほど通院する事になった。年始から事故にあったので、後厄の相方と一緒に神社でお祓いをしてもらった。今から考えると、年の初めの事故で何か大変な事がおきるから、気をつけろよ、っと神様や亡くなった母が知らせてくれたのかもしれない。

5月の中頃は俺のHIV初期症状があらわれ、それと同時に父が体調を崩し入院。

初期症状の最初は、夜間悪寒で発熱。風邪薬を飲み朝は熱も下がり、少し頭はふらふらするが、仕事へ。しかし夕方再び悪寒。38度。職場の人2人前日、前々日とインフルエンザにかかっていたので、インフルエンザかなとも思っていたが、もしかしてHIV・・っとも感じていた。検査の結果インフル-。その時点でヤバいなと感じていた。しかしまだそこまで心配はしていなかった。処方された解熱剤を飲んで熱は下がるが、何か頭がふらふら、下がったと思っても37度になったり。一番変だなと思ったのは汗だった。いつもの風邪なら熱が下がると発汗して後はすっきり。解熱剤が効いている間は発汗はない。しかし今回は違った。発汗を繰り返す。いつもと違う。熱が落ち着いてきた頃、身体に発疹。そこからHIVノイローゼで眠れない日々。初めての心療内科受診ではじめて安定剤や眠剤処方。その間父の入院での対応、まあ兄もいるので1人じゃないので助かった。

5月下旬に相方にHIVの可能性告白。6月中旬父の退院。介護保険申請やサービス利用する為の手続き。平日は実家に行って父の安否確認や体調確認(土日は兄)ヘルパーさんが来ない日の食事の準備(現在も続いている)

6月下旬、ネットの簡易検査でHIV陽性。7月に病院受診で、HIV確定。

6月中旬から7月中旬は休みの日ほぼ会社に行き資料づくり。

8月上旬、夜父が体調不良訴え、夜間救急受診。深夜の入院。2週間で退院。


7月HIV確定後は、毎月病院受診。

10月にゲイのHIV自助グループに参加。

11月受診時、担当医師より、免疫は普通の人と変わらないので今のところは大丈夫だと思うが、早めに身体障害者申請して対応できるように準備した方がいいとの事。しかし今住んでいるところでは、仕事上役所に行く事が多く申請は難しい。引っ越しする事となる。しかし1月に国家試験があったり、ボーナスが入ってからの方がいいので、2月に引っ越ししてから申請する事にした。

11月の受診の1週間後40.8度の熱で死ぬかと思う経験をした。その時は正直もう死んでもいいかと思った。

1月下旬試験後、引っ越し、病院受診で身体障害者手帳発行手続きする為に動きだし、今に至る。


俺より大変なおもいしている人はたくさんいると思うけど、俺にとっては大変な一年であった。(読んでくれた方で、この程度で大変なんて言うなと思っている方ごめんなさい。)

一番はHIV感染。俺の人生を一変させた。将来の不安を倍増(何十倍かも)させている。

HIVは今や慢性病と言うけど、薬を飲み続けなくてはいけない。俺は服薬はまだなんで副作用が怖い。周りに知られてしまうかもしれない。お金がかかる。Hできない(これは俺の中だけです。感染しないようにすれば、キャリアの方もできます。)こわい。その他俺の中ではまだまだある。やっぱ感染しないのが一番。HIVは自分がしっかり注意して予防していれば感染しない病気なんですから。


正直兄が生きている間に死ねたらと思ってる。甥っ子に迷惑はかけられない。

相方にも。HIVに感染していない時、5歳年下の相方を俺が最期は看取ると相方にも言っていた。その為にも健康でいなければと思っていたのに・・・。今は言えない。


でも感染して一日、一日を大切に生きようと思うし、今までなんもなくてつまらないなぁ・・っと思った事もあったが、何もないのが幸せなんだよね。いい事があまりなくたって、何事もなく生活できるなんてほんと幸せなんだなと思います。


今更感染した事を悔やんでもどうにもならない。前を向いて生きていくだけ。っと思っていても、時々後ろ向きになったりもしちゃいます。

2015年は人生が変わった大変な年となりました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。